一日一杯のビールが体に良い!?

飲み過ぎや二日酔い等、度々嫌なイメージが持たれる事もある飲み物、ビール。
そんなビールでも、飲み方を変えれば健康にも良いとされていて、それが一日一杯ビールという飲み方です。
一杯当たり350mlのビールを一日に一杯だけ飲む事で体の健康作りにもなるとされています。

代表例としては男性が良く起こる生活習慣病である糖尿病の発症を予防が出来ます。
ビールに含まれるアルコールはインシュリンという成分の感受性を高める効果があるとされていて、血糖値の上昇を抑える働きを手助けしてくれるので糖尿病予防や糖尿病を発症している方の改善を促す事が出来ます。

また、ビールに含まれるキサントフモールにはガン細胞を抑制する働きがあるとされ、女性が発症しやすい乳がんや肺がんといったがんの病気から予防を行う事が出来ます。

その他、コレステロール値を下げる働きがあったりと、飲み方次第でビールは薬の様な効果を人に与え、より健康になれる要素を持った飲み物と言えるでしょう。